アサヒペットのこと 取り組んでいること

全員が社員である理由

アサヒペットのスタッフは全員正社員。
みんながペットのプロとしての自覚をもって丁寧にそして一生懸命仔犬、仔猫と向き合っています。

年の功と妄想癖 / 企画開発室室長 長谷美加子

トレッサ横浜店店長 長谷美加子まさか自分でもこんなに長く働くとは、正直思っていませんでした。親元を離れ、はじめての犬のいない生活。耐えられませんでした。「つねに傍にワンちゃんがいる生活をおくるにはどうすればいいの?じゃあ、仕事にしてしまえ!」たったそれだけの理由。装備は”ワンちゃんが好き”だけ! のみ!ほぼ、ゼロ武装。それが、今ではなかなかの知恵と武器を持ち、かなりの装備になりました。夢中で勉強し勢いだけがとりえの数年間考えるところがあり、自信を失い手探りでただひたすらに思い悩んだ数年間。そしてやっとここ最近、自分はこの仕事が好きという自覚をして、そして自信をもち、好きなことを職業に出来て自分は幸せだと声に出せるようになりました。10年経ってはじめて見ることが出来る景色があります。3年では、5年では決して見えない景色。今、思い悩んでいる若いスタッフもこれからどんどん見える景色が変わってくるのです。だから、目の前にあるものにとらわれず、たくさんの中から選んだこの選択肢を信じてもらいたいです。人生を語るにはまだまだですが、アサヒペットを語るのはそろそろいいのかな?と思います、偉そうですけど。すくなくとも、自分より若い子にならいいでしょ?
初めて飼った我が家の愛犬も14年目突入。たくさんの泣き笑いの中で共に時間を過ごしました。自分が今存在しているのは、この子のおかげ。仕事柄、1日の長い時間をともにできなくて、申し訳なく思いますがそのかわり、一緒にいられる時はかなり濃厚。きっと、我が家に来て幸せと思ってくれているという自信があります。だって、大好きですもの。毎日、耳元で愛の言葉を囁いています。私たちは家族とよりも恋人とよりもお店のワンちゃんネコちゃんと過ごしている時間の方がはるかに長いのです。でも、そのおかげで我が家のあの子達へ恋焦がれる時間も長いのです。ですから、帰宅したらその想いがあふれてしまうんですね。だから、濃厚なんです。入社前にアサヒペットからワンちゃんを迎えているスタッフが何人もいます。
ちなみに、わたしもそうです。お客様とお話している時も今、もみじのような小さな手でワンちゃんを抱きしめているこの子がもしかしたら、やがて共に働く仲間になるのかもしれない。そんな妄想もしつつ、毎日を過ごしています。みんな幸せに。これからお家に行く仔はもちろん、お客様も私たちも。

犬猫や仕事に対する熱意 / 港北ニュータウン店店長 中尾瑠美奈

都筑店 中尾瑠美奈私が、このペット業界で働きたいと思ったのは小学生の時でした。その当時は猫を2匹飼っており猫が大好きだったので、ただ単純に動物に接する事が出来る、ペットショップで働きたいと思っていました。
その気持は高校生になっても変わらず持ち続けていたので、高校卒業後、知識や技術を身につける為に、動物関連の専門学校に2年間通いました。
専門学校では300頭近くの犬がいて、繁殖も行っていたので出産に立ち会ったりととても貴重な体験する事ができ、その事を通して生態系や病気についても学べました。トリミングではハサミの持ち方や動かし方、犬の扱い方の基本を身につける事が出来ました。
アサヒペットの事は看板で知り、沢山の犬猫に囲まれて仕事が出来ると思い、まずは研修に行く事に決めました。働いてみて、スタッフの皆さんが明るく元気でお店の雰囲気も良く、犬猫の頭数も多く、とてもキレイだったので、絶対にここで働きたいという気持ちが、より強くなりました。
内定を頂いた時は本当に嬉しかったです。
入社して学んだことは本当に沢山あります。学生やアルバイトの頃は、ただ与えられた事をこなせば良いと思っていましたが、今は違います。次は何をしたら良いのか、どうしたらスムーズに作業を終わらせられるか、みんなが気持ちよく仕事を出来るかを考えて行動するようになりました。後は、人の話によく耳を傾けそれを素直に聞き入れる事。社会人としては当たり前の事ですが、学生の時はそれがきちんと出来ていなかったように思います。接客では、お客様のお話を聞いて、分かりやすいアドバイスの仕方や話し方、言葉遣いなどを教えて頂きました。トリミングでは、カットの技術ももちろん大事ですが、その子に似合うカットを提案して、お客様とよくお話しをする事もとても大切な事なんだと教えて頂きました。
大好きな犬猫に囲まれて好きな事を仕事にするという事は、可愛がってお世話をしている仔たちが病気をしてしまったりすると、とても辛い気持ちになる事もあります。でも、連れて帰って頂いた仔のおトイレやしつけの相談があったり、その仔を見せに来て頂いた時に、元気にしっぽを振ってくれてここを覚えてくれてたりすると、本当にこの仕事を選んで良かったといつも思います。トリミングでも、お客様の「ありがとう。可愛くなったわ!」という一言で、また次も可愛くしてあげたい、という気持ちになります。
そして、いつかは何処かの店舗の店長になる、という目標があります。お客様やスタッフから信頼され、「ここのお店でこの仔を買って良かった!ここのお店に出すといつも可愛くカットしてくれるのよ」と言われるようなお店の店長になりたいです。
まだまだトリミングや接客で、教えて頂くことや、犬猫について自分で勉強して知識を増やさなければいけませんが、どんな事にもチャレンジして、大きな壁にぶち当たっても、この大きな目標を目指し、乗り越えたいです。
アサヒペットの社訓「私たちは、お客様の幸せと犬猫の幸せを願い、そのサポーターとして社会に貢献します。愛情、清潔、技術の向上を心がけ犬猫と接します。心に笑顔、言葉に笑顔、感謝の笑顔」を常に頭に入れ仕事をしていきたいです。

仕事に対する思い / トレッサ横浜店店長 川井靖夫

トレッサ横浜店 川井靖夫僕はこの仕事に誇りを持っています。
それでも、昔はそうではありませんでした。それは、もともと自分に責任感というものがあまりなかったからだと思います。でも、アサヒペットに入社して、素晴らしい先輩達と出会って、その意識は変わっていきました。
元から、負けず嫌いな所もありましたので、同期の中では絶対に自分が一番になりたいという強い気持ちや、いつかはこの先輩達の役に立ちたいという思いが強くなりました。年を重ねるにつれて後輩が出来て、常に後輩にも見られているという意識も出てきました。そして、自分の立場も前に比べてちょっとだけ偉くなった事で、今度はどのように後輩に仕事を指導したらいいのか、お店をどう円滑に回すかという事にも興味が出てきました。今ではお店に対しての責任感というものが以前より、ぐっと強くなった気がします。
たくさんあるペットショップの中でも、アサヒペットはすごく自由でやりがいのある職場だと思っています。なぜなら、自分達の職場の事は自分達で工夫して実行できるからです。しかも、その対応はかなり早めで、誰かからの制限は基本的にはありません。だから僕たちはみんなで話し合い力を合わせて頑張れるのです。
これからもペットを飼うならアサヒペット!!と思ってもらえるように『親切、丁寧』をモットーに頑張っていきたいと思います。
アサヒペットに入社する事が出来て今ではすごく感謝しています!

あの日の私<今日の私<未来の私 / 港北ニュータウン店 山下香衣

港北ニュータウン店 山下香衣子供の頃から動物に囲まれての生活でした。
将来の夢は、動物に関わる仕事に就きたい!ただ漠然と考えているだけでした。高校生のとき、いざ進路を決めるとき、動物に関われる仕事を探したとき沢山の仕事がありました。
その時に出会った仕事がトリマーという職業です。
最初はトリマーという言葉すら知りませんでした。トリマーはわんちゃんの毛をカットして可愛くしてあげる人。そんな職業にとても魅力を感じました。
もちろん進路はトリマーになるために専門学校に進学しました。最初は動物病院志望でした。
トリミングも出来て、沢山の動物の手助けができる仕事。
複数の病院へ研修させていただきましたがなにか違っていました。そのなにかが自分自身分からなくもやもやしていました。
そんな時アサヒペットへ研修に行く機会があり、小さなわんちゃんねこちゃんに出会いました。
そしてやっとわたしの探していた場所が見つかった気がしました。
「わたしもこの仔たちの為に働きたい」
まだまだ役に立たない私ですが、小さなこの子達のお世話が大好きです。
この子達が幸せな一生を送れるよう、ご家族との出会いをお手伝いをすることがわたしの仕事です。
日々学ぶ事があります。
毎日一緒にいないと分からないこと。わんちゃんねこちゃんの小さな変化。お客様とお話をして気づかされること。
これからも先輩や小さな命から沢山のことを吸収し、この仕事に誇りを持てるよう頑張りたいと思います。

成長できる場所 / 多摩店店長 松尾有加

多摩店店長 松尾有加私にとってアサヒペットは自分の事を知り、成長させてくれる場所だと思っています。
ペットが好きでこの仕事を選びましたが、毎日子犬子猫は成長していき、何が起きるか分からない緊張感、日々学ぶことばかりで、新人の頃はそれはもうついていけなく、好きだけではやれない事や、先輩達のように出来るかいつも不安でした。そんな私を初めて勇気付けてくれたのは、入社2年目に努力して掴んだトリマーとして認められた事。それまでは胸を張って主張出来ることなんてひとつも無く、いつも人の後ろにくっついてるような人だったので、少しでも自分が成長している事に自信を持ちました。
それからの私は気持ちに余裕ができ、子犬子猫達の変化を察知し、どれだけ快適に過ごしていけるか考えられるようになりました。毎日元気いっぱいにはしゃいでいる姿を見て母親のように嬉しくてたまりません。
この仔達には抱いた事のないような感情を沢山教えてもらっています。いつの間にか私は、この会社にいればもっと自分にとって必要な事がこれから沢山学べるかもしれない、今の自分を変えられるかもしれないと考えはじめ、何事にも立ち向かって行こうと思うようになりました。
入社して10年以上の月日が経ちますが、新人の頃と同じくらい学ぶ事は山ほどあり、これからもどんな出来事があるか想像もつきませんが、今まで経験してきたものをどう生かしてお店の為、お客様の為になるか考え工夫していく楽しさを今感じています。試し試しの日々ではありますが、新たな発見が結果を出し、自分の引き出しが少しは増えてきているんじゃないかと思います。
今ある自分も周りの皆が助け合って協力してくれてるおかげであり、些細な事でも感謝する気持ちを持たないと共に働く仲間達も仕事が面白くならないし、私が目指しているのは明るく楽しいお店なんです。
社訓の中に、心に笑顔、言葉に笑顔、感謝の笑顔というのがあり、これはお客様に対してはもちろんの事ですが、アサヒペットで頑張る人達に対しても大切な言葉なんです。
恥ずかしながら、私も人間できていないので感謝という言葉からかけ離れたような人になってしまう事もありますが、この言葉を忘れてはいません。できていない時には、次は後悔しないようにしようと振り返ります。
少しずつですが、自分に足りないものを増やせています。少なくても新人の頃よりかは。
これからも、お客様やスタッフ達に笑顔になってもらい、その間を繋ぐ犬猫達の幸せを見届け、自分の宝物を手に入れ続けたいと思います。